ウイルスからネットワークを守る新しい手段

TOPICS

企業の情報が狙われる

PCのロック

標的型攻撃と呼ばれるサーバー攻撃は、企業の情報を狙って攻撃してくるものです。ネットワーク上に不正侵入防止のシステムを設置することで、セキュリティを強化していくことができます。

続きを読む

取得に向けて

データを調べる人

ISOは国際的な規格なので、取得することで一定滋養の品質を証明することができます。会社だけの努力でISO取得は難しいので、コンサルティング業者に依頼し、様々なアドバイスを貰うことが必要です。

続きを読む

効率的に取得する

データを検索する人

ISOのコンサルティング業者は常に中立的な立場に立つことから、効果的なアドバイスを行ってくれます。また、業者に依頼することで決められた期間内に高確率で取得することが可能です。

続きを読む

サイバー攻撃を防ぐ

情報を正確に取り扱う事が出来る証明。ISO27001は国際規格だから取得することで海外企業とも取引がッしやすくなります。

isoのコンサルティングのことなら、こちらへお任せください!取得費用の見積もりもすぐにお出しします!

サイバー攻撃の標的型攻撃について

PCの鍵

サイバー攻撃はインターネットなどのネットワークを使って他社のパソコンに対して、何らかの攻撃を行うものです。攻撃の種類としては膨大な数のアクセスを繰り返してサーバーに負担を掛けてダウンさせるケースからサイトの改ざんや不正プログラムを進入させて情報を盗み出すといったことがあります。サーバーへ攻撃やサイトの改ざんなどは目に見えるものですが、情報を盗み出すケースは発見が遅れるケースがありますし、情報を盗み出したあとに不正プログラムを削除すれば、その痕跡が残らないケースもあるなど、その種類は多種多様です。一方で標的型攻撃は、明確な意思を持って、特定のコンピューターに対して攻撃を行うというもので近年になり盛んに増えてきているサイバー攻撃です。

サイバー攻撃を防ぐための取り組み

サイバー攻撃で、サーバーに対する攻撃の場合にはネットワークを監視することで、全体を防ぐことが可能ですが、標的型攻撃の場合には特定のパソコンに対して行われるので注意が必要です。標的型攻撃の特徴としては、攻撃者が手動で行っているという点が、それまでのプログラムを利用したサイバー攻撃と異なっています。そのため、標的型攻撃では、偵察活動から不正プログラムの感染、不正プログラムによる情報取得、また他者のパソコンのコントロールの維持などを人間の手で行っており、その攻撃を発見するのが困難です。標的型攻撃を防ぐ方法としては、セキュリティソフトを最新のものに入れておくことですが、同時にパスワードの使い回しなどをやめてセキュリティに対する意識を向上させる必要があります。脆弱性診断などを行なうなど、常にセキュリティの状態を万全にすることが必要です。

Recomend Link

  • SpaceFinder

    文書管理のクオリティを高めたいのであれば、こちらのシステムを導入すると良いでしょう。多機能なのに使いやすいと評判を集めています。
  • パソコン決済

    サイトでは文書管理ソフトの価格が記載されているので詳細が気になる人はここの情報を見てみましょう。気になる人はチェック!
このエントリーをはてなブックマークに追加